株式会社エヴァーホーム >株式会社エヴァーホームのスタッフブログ記事一覧

株式会社エヴァーホームのスタッフブログ記事一覧

NEW ENTRY  新着おすすめ記事

不動産の売却に関する新たな規定!契約不適合責任とはの画像

物件のご売却Q&A

不動産の売却に関する新たな規定!契約不適合責任とは
不動産の売買取引ではトラブルがしばしば起こるため、買い手を守る規定が存在します。 長年にわたってその規定であった瑕疵担保責任がこのたび廃止され、契約不適合責任が新設されました。 この規定はどのようなものなのか、売主の方がおさえておくべき注意点は何か、それぞれご紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産の売却に関する新たな規定!契約不適合責任とは あくまで契約書の内容が基準とされ、その記載と異なる点が物件にあれば、売主に対してさまざまな請求ができる規定です。 契約書に記載のない瑕疵に対しては、書類に提示された条件と合致させるための修繕を請求できます。 修繕の請求が難しい場合は代金の減...

2021-04-29

READ MORE

不動産相続で得た土地を分筆するには?分筆のメリットや流れを確認しようの画像

不動産のQ&A

不動産相続で得た土地を分筆するには?分筆のメリットや流れを確認しよう
土地などの不動産を相続するとき、相続人が1人ではなく複数人で相続する場合もあります。 複数人で土地を相続して分け合おうと思っても現金のように単純に分けることはできませんよね。 そのような場合に土地を分割して、複数人で相続する方法を分筆といいます。 この記事では分筆の流れやメリットとデメリットをご紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産相続で得た土地を分筆するメリットとデメリット 土地を法的に分割して分けることを分筆と言います。 複数人で土地を相続するときでも、登記し直す必要があります。 どのような土地でも分筆できますが、土地の境界が決まっていない土地は分筆できませんので注意が必要...

2021-04-28

READ MORE

不動産売却において抵当権はどんな意味を持つ?抵当権付きの不動産を売る方法とはの画像

物件のご売却Q&A

不動産売却において抵当権はどんな意味を持つ?抵当権付きの不動産を売る方法とは
不動産売却では、物件に抵当権が設定されているかどうかは重要です。 抵当権があるかないかによって不動産の売り方が変わってきます。 しかし抵当権がどのような権利なのかわからない人も多いのではないでしょうか? 今回は抵当権の意味と、抵当権付きの不動産を売る方法について解説します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産売却での抵当権とはどんな権利なのか? 抵当権は、住宅ローンの契約者が返済不能になったときに、金融機関が不動産を担保にする権利です。 ローンで支払う予定だった土地や建物を担保にし、競売にかけて売却することで残ったローンの返済に充てるのです。 抵当権があれば、ローン契約者が返済できなくな...

2021-04-27

READ MORE

土地だけを購入する際に組めるローンの種類は?条件や注意点も紹介の画像

物件購入のQ&A

土地だけを購入する際に組めるローンの種類は?条件や注意点も紹介
土地だけの購入に住宅ローンは適用されません。 近年は注文住宅を建てる人も増えているため、先に土地を購入するにあたって「ローンを組めないのは困る」という人も多いはずです。 そのような場合、土地の購入時に利用できるローンがあるのをご存じでしょうか? 今回は、「つなぎ融資」と「土地先行融資」について詳しくご紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら土地を購入する際に利用できる「つなぎ融資」とはどんなローン? 住宅ローンは土地と建物を担保にして組まれるものなので、土地があっても建物が建っていない段階では利用できません。 しかし、土地も安い買い物ではないため、一括で払えるお金を用意できないという人...

2021-04-26

READ MORE

不動産などの相続財産があって相続人がいないときに選任される相続財産管理人とは? の画像

不動産のQ&A

不動産などの相続財産があって相続人がいないときに選任される相続財産管理人とは?
もしも相続財産はあるのに相続人がいなかったら、遺産はどうなってしまうのでしょうか? 相続財産があるのに相続人が明らかではない場合、相続財産管理人を選任する必要があります。 では、相続財産管理人にはどんな役割があって、どのように選任されるかをみていきましょう。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産などの相続において相続財産管理人が必要なケースとは? 相続財産管理人とは相続人がいない場合、相続財産を管理して清算する人です。 支払うべきものを財産から支払い、残りを国庫に帰属させる役割もあります。 また、相続人が明らかではない場合は、相続人を探す役割も担っているのです。 民法では「相続人のあること...

2021-04-15

READ MORE

HOT ENTRY  みんなに読まれている人気ブログ

もっと見る

トップへ戻る